超初心者なので、WordPressのテーマを何の基準で選んだらいいのかわからない…そんな場合に、どう選ぶのかをと、おすすめを紹介しています。

はじめ

超ど初心者で、ブログの何から初めていいかわからない…

kai

超初心者はブロックエディタ完全対応で、設定が簡単で、サポートがしっかりしているテーマがおすすめ。
となると、おすすめは2テーマだけ。

この記事を書いている私は、「超どどど初心者」と自称して画面に文字を打つのがやっとという、デジタルオンチの個人のお客様を3人コンサルをした経験があります。

それで、初めの方は失敗してお客様に余計な手間と時間とお金を使わせてしまうことになりました。
おすすめしたテーマがお客様にとって難しすぎて、テーマ変えをしたという大変申し訳ない失敗がありました。

そのような経験から、超ど初心者にやさしいテーマを紹介します。

結論から言うと、選ぶ基準は3点。

  • 【ブロックエディタ 対応】テーマ独自の機能が旧式のクラシックエディタ にしか対応していないテーマはNG
  • 【簡単】初心者にとって使いやすいか、すぐ使えるテーマか
  • 【サポート が充実】色々な質問にメールやフォーラムで答えてくれるか

おすすめテーマは2つ。

  • DIVER
  • AFINGER5

それでは、もう少し詳しく見ていきます。

WordPressテーマを超初心者が選ぶ3つの基準

WordPressのテーマ選びはSEO対策がしっかりしているかどうかは重要ですが、わざわざチェックしなくて大丈夫です。

有料の有名な人気テーマだと、言うまでもなくしっかりと対策が施されているからです。

しかし、いくら有名で人気なテーマとはいえど、超初心者にとっては以下の重要な3点に対応していないものがあるので注意です。

【ブロックエディタ 対応】テーマ独自の機能が旧式クラシックエディタ のみ対応ならNG

2018年からWordPressのバージョン5.0(Gutenbergグーテンベルグ)が出て、ブロックエディタ という全く新しいエディタ が登場しました。

これは何かというと、今まではクラシックエディタ と呼ばれる編集画面で、時にはHTMLというウェブプログラミング言語を使うこともありました。

ですが、このブロックエディタでは、プログラミング言語を使わずクリックのみで記事を書いたり修正したりできるようになりました。

多くのテーマが「ブロックエディタ 対応」と書いてあるものの、文字の装飾や囲いなどといった入力補助機能がクラシックエディタ だけでしか使えなかったり、ブロックエディタ を使うとしてもHTMLを入力したりするしか方法がなかったりするので、

【サポート が充実】色々な質問にメールやフォーラムで答えてくれる

超初心者は、ちょっとした設定でも、指示通りにやったとしても、疑問があったり、つまづいたりすることがあります。

コンサルを雇っていれば設定をしてもらったり、質問をしたりできるので問題がないです。

そうでない場合は先へ進めないので、必然的にそこで諦めて挫折なんてことも。

コンサルを雇わない場合は、サポートがしっかりしたテーマを選ぶのがおすすめです。

【簡単】初心者にとって使いやすい

あまり手を加えずにクリックするだけで設定が簡単にできるものや、デザインの着せ替え機能のあるものがオススメです。

おすすめテーマは2つ

その条件に合うものだと、限られてきます。

DIVER

DIVERの強みは何と言っても、神サポートがあるということです。

わからないことがあれば無制限に質問できる、という最強の神サポートです。

しかもテーマ開発者でテーマを知り尽くしたプログラマー自身が親切にサポートをしてくれます。

ブロックエディタ にも対応していて、クリックひとつで色や形が自由自在に変えれるボタンや囲み枠など、かなり多くのデザインパーツが用意されています。

よって、設定も簡単です。

▶︎wordpressテーマ「Diver」を詳しくみる – 公式サイトへ

AFINGER5

▶︎WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」を詳しくみる – 公式サイトへ

テーマの初期設定のサポートをしっかりとしてくれるテーマです。

ブロックエディタ にも対応していて、既に用意された数種類のデザインをそのまま着せ替えるように使えます。

まとめ

超初心者は初めの設定でつまづいて、そのせいでブログを始めるのをやめてしまうこともあります。

ですので、とにかく設置が簡単にできてサポートがしっかりしたテーマがオススメです。