「ads.txt で認定販売者を宣言する」とは、なに?
突然Google Adsense(グーグルアドセンス)上に謎の「要注意:収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください」メッセージが現れて戸惑ったのではないでしょうか?

「ads.txt で認定販売者を宣言する」をしなければいけない理由、xサーバー(xserver/エックスサーバー)上にて宣言する方法を図説で紹介しています。
FTPサーバーソフトは不要です。

義務ではないのですが、この要注意メッセージを見たら対応しておいたほうがいいです。

スポンサーリンク




「ads.txt で認定販売者を宣言する」のxサーバー上での対応方法

「ads.txt で認定販売者を宣言する」の意義と宣言の仕方をを掲載しています。

「ads.txt で認定販売者を宣言する」とは

Google Adsense(グーグルアドセンス)上に現れる要注意メッセージ。

または、

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

そこにある「今すぐ修正」をクリックすると、
「ads.txt ファイルを作成する」ページに飛び、そこの
「ads.txt ガイド」をクリックすると、
「ads.txt で認定販売者を宣言する」ページが出てきてこのように定義されていました。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。
出典:ads.txt で認定販売者を宣言する

…。

平たくいうと、「なりすましの偽サイトに邪魔されないように正規のサイトであることを宣言して、正規の取引をしましょう、ということです。

自分のブログがなりすまされると、自分が稼ぐはずだった広告料が奪われることもあるとのこと。
Googleからペナルティが課せられるといったようなことも起こるのだそうです。

スポンサーリンク




xサーバー上での宣言方法

ということで、xサーバー(xserver/エックスサーバー)上の例で宣言してみます。

ads.txt ファイルのダウンロード&書き換え

まずは、アドセンスの「ads.txt ファイルを作成する」のダウンロードをクリックして「ads.txt」をダウンロード。

ファイルを開くと、

「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」

とだけ書いてあるので0000000000000000の部分に自分のアドセンスの「サイト運営者ID」に置き換えて保存します。

「サイト運営者ID」がどこにあるのか知らない方のために、5つの探せる場所を別ページで説明をしています。

スポンサーリンク




ads.txt ファイルのアップロード

xserverにログイン。

「インフォパネル」ページの「ご契約一覧」の「ファイル管理」をクリックします。

 

認定販売者宣言をしたいドメイン名のフォルダをクリック。

「public_html」フォルダをクリック。

「choose file」をクリックしてして「ads.txt」ファイルを選択して「アップロード」ボタンをクリックすれば終了です。

 

「ads.txt」ファイルがアップロードされているかを確認

ファイルがきちんとアップロードされているかを確認します。
ブラウザのアドレスバーに「ドメイン名/ads.txt」と入力して、ページを表示させます。

先ほどアップロードした「ads.txt」の中身が表示されていれば成功です!

スポンサーリンク




まとめ

以上、「ads.txt で認定販売者を宣言する」の意味と、xサーバー上でads.txt で認定販売者を宣言する方法を紹介しました。

義務ではないものの、せっかくGoogle Adsenseが要注意と警告してくれた時には、対応しておいたほうがいいです。

そうすれば、なりすまされてもらえるはずだった報酬が他人に奪われたり、googleからペナルティを受けたりする被害に遭うリスクを回避できるはずです。