私は成果報酬型(製品を宣伝してものが売れたら報酬が入る)とアドセンス(読者さんが広告をクリックしたら報酬が入る)の両方のアフィリエイトをしています。

どちらのアフィリエイトも報酬はいつも一定ではないことを身をもって実感しています。

スポンサーリンク




成果報酬型の報酬率が上がって下がった例

とあるブログでアフィリエイトをしている成果報酬型の製品。

私がとても興味のある製品で、類似製品を買ってしまった後に、こちらを発見。

しかし、結構高いものなので、調べただけで買わないでいます。

せっかくなので、その調べた情報をブログに書いて成果報酬型のアフィリエイトをはじめました。

あまり人気がなく、楽天市場でのみ販売する報酬の少ない製品だったため、初めは私の独占市場となっていたのでした。

そのうち、なぜか成果報酬がその製品の
1% ⇒ 2% ⇒ 5% ⇒ 10% とどんどん上がって行きました。

やがて高報酬に気付いたアフィリエイター達が、アフィリエイトをガンガンしてきます。

すると報酬が 10% ⇒ 5% ⇒ 2% と下がってきたのです。

そして現在は、ついに1%に戻りました…

成果報酬型の報酬率が下がった例

別の興味があった製品は2,000円の報酬で、アフィリエイターに人気があって、私も細々と調べた情報をアフィリエイトしていました。

しかし、それがある日10分の一の200円になってしまったのです。

その後、主要アフィリエイターはその製品から手を引いたようです。

私はそれでもその製品は好きなので続けていたら、その関連製品の1,000円の報酬のものが細々と売れるようになりました。

何がどう転がるかわからないものですね。

スポンサーリンク




アドセンスの報酬は12月と1月のクリック単価が高い

私のとあるニッチなブログで、アクセス数がほとんど変わらず安定しているものがあります。

そのブログはアクセス数が変わらないのに、アドセンスで12月と1月に多く稼いでくれました。

その時期は1クリックの単価が、普段より高かったからです。

広告主が年末年始の商戦に力を入れる戦略を取ったからでしょう。

まとめ

アフィリエイトの報酬額や割合は、広告主の戦略や懐事情によって常に変化します。

しかし、何をするにしてもアフィリエイトは続けないと成果は出ないので、コツコツと一ページずつ増やしていきたいと思います。