ブログを書いていて、疲れてしまって書く気力がなくなる時ってありませんか?

そんな時、頑張って書こうとすると益々気力を失ったり、焦ってばかりでダラダラしたりしまいがちです。

そのような状態の時のほとんどの場合は、どんなに頑張っても一向に進まないか、書いたとしても出来の悪い記事になってしまいます。

ではどうしたらいいのでしょう?

スポンサーリンク




疲れたという感覚は休めというサイン

疲れたという感覚は、体が休息を必要としている合図です。

そのままムリに起きていたり、コーヒーで無理矢理覚醒させて頑張ったりすると、体に疲れが溜まり、病気の原因にもなりかねます。

これはメンタルの問題ではなく、体の問題です。

5分〜15分仮眠を取るだけで生産性がグッとアップ!

そんな時は仮眠を取るのが一番です。

8時間睡眠と7時間睡眠+5分の仮眠を比べると、後述のほうが生産性と労働の質が高いそうです。

睡眠時間の長さよりも、疲れる前に休むということがいかに重要かがわかります。

長さよりタイミングですね。

スポンサーリンク




まとめ

疲れた、と感じたらダラダラとブログを書かずに、5〜15分程の仮眠を取るとすっきりして、生産性や仕事の質が上がることが期待出来ます。