ワードプレスwordpressのブログが攻撃に遭わないようにする対策の一つに、コメント欄に書き込むための専用ユーザーを作成するというものがあります。

いわゆる危機管理のためです。

私の持っているとあるブログが攻撃されて、一時的にブログの閉鎖を余儀なくされました。

そのせいで、ブログを初期化をして、再設置するという、とんでもなく手間のかかる作業をしたのです。

その上、その間は読者さんがサイトにアクセスできない状態になってしまい、本当に申し訳ないことになりました。

ですので、私のブログを設置しているサーバーホスティング会社の担当者から、コメント欄に書き込むための専用ユーザーを作っておいて、メインの管理者とは別にしたほうがいいというアドバイスを受けたのでそれを実行しました。

こうする事によって、管理者の情報が漏れにくくなり、ブログが攻撃されにくくなるとのことです。

ということで、新しいユーザーの作り方を紹介します。

スポンサーリンク




新しいユーザー(編集者)の作成の仕方

ワードプレスのダッシュボードから
【ユーザー】>【新規追加】をクリックします。

 

「新規ユーザーを追加」ページでユーザー名など、必要事項を記入し、「権限グループ」の「編集者」を選びます。

【新規ユーザーを追加】をクリックすると、新しいユーザーが作成されます。

編集者はブログやコメントの作成や編集の権限を持っています。

 

【ユーザー一覧】をクリックします。

 

「ユーザー」ページに編集者が一人追加されているはずです。

スポンサーリンク




コメント欄に書き込む際はユーザーを変える

読者さんからのコメントの返事をするときは、もともと使っている「管理者」アカウントから一旦ログアウトします。

そして、この「編集者」ユーザーのアカウントで、ログインをし直して、コメントを書き込みます。

まとめ

ユーザーアカウントを2つ持っていると不便なようですが、攻撃に遭って修復するほうがもっと大変です。

ですので、出来る対策はなるべくしておくことをおすすめします。