記事を書くにあたって、何から書いていいのかわからない!と思う以前に
「そもそもブログ記事の構成はどうなってるの?」
「どのくらいの文字数を書けばいいの?」
という疑問はありませんか?

そんな疑問に簡潔にお答えします。

スポンサーリンク




ブログ記事の3つの構成

ブログ記事は大別すると3つの要素に分かれていて、それぞれが意味を持っています。

  1. 導入
    この部分がサーチエンジンの検索結果に表示される部分なので超重要。
    この文章次第で検索エンジンにひっかかるか、読者が記事をクリックして読んでくれるかが決まる
  2. 記事本文
    読者を楽しませたり、納得させたり、問題解決をしたりする部分。
    読者が興味をもってくれれば読み続け、つまらなければ途中離脱もあり。
  3. まとめと誘導
    記事の要約と次へのアクションへの誘導。
    関連記事を読んでもらう、メルマガ登録してもらう、商品を買ってもらう、SNSでシェアをしてもらうなど、読者にこの行動を起こしてもらいために、記事を書く場合が多い。

ブログ記事の構成のうちわけと理想の文字数

導入に関しては、検索エンジンで表示されたときに文字が途中で切れることなく、読者にきれいに表示される文字数は以下表のとおり。
あくまでも理想ですが。

記事本文に関しては、文章全体の文字数は決まっていず、SEO的にも制約はないです。
画像のみでほとんど文字がないページでも検索で上位表示される記事もあります。
重要なのは、読者に喜ばれるオリジナルのコンテンツを提供することです。

記事本文は、見出しや箇条書きをつかって、わかりやすく、読みやすいようにします。

まとめは簡潔に。その後、読者に行動を起こしてもらう重要な誘導をします。

こちらが典型的なレイアウトです。
内容やボリュームによって、柔軟に変更されるといいです。

① 導入

記事タイトル(32文字以内)
導入文
(150文字〜200文字)

② 記事本文

見出し1(30文字以内)
見出し1の本文
見出し2(30文字以内)
見出し2の本文
見出し3(30文字以内)
見出し3の本文
③ 結び

まとめと誘導
まとめ文
(理想は150文字〜200文字)
次の行動への誘導
(関連記事・商品サービスへのリンク、メルマガ登録、資料請求、SNSシェア)
スポンサーリンク




まとめ

記事の構成や、それぞれの文字数がわかった後は、よりよい記事を書くために、どのような内容を盛り込んでいくかを決めていきます。

ブログ記事の書く内容についての情報、ネットであふれているので自分にあったものを参考に。

ただ、タイトル付けに関しては、コピーライティング力が必要で、プロでないとかなり悩みます。
そんな場合は、この本↓のキーワードをキャッチワードとして活用すると効果的です。

[カラー改訂版]バカ売れキーワード1000