SSL化(http→https化)したwordpress(ワードプレス)の独立サブディレクトリ型ドメインの.htaccess上でのリダイレクト方法について解説します。

これをしないと、このサブディレクトリドメイン以下だけ、httpsにリダイレクトされず、httpsのままです。

Xserver
での例をあげますが、FTPでも他サーバー上でも処理内容は同じです。

スポンサーリンク




SSL化とは?(http→https化)

SSL化(http→https化)とは、超簡単に言うとウェブサイトをより安全な状態にすることです。

まだSSL化していないサイトもありますが、GoogleはSSL化を推奨しています。

スポンサーリンク




なぜ独立サブディレクトリのリダイレクト処理は必要?

SSL化をした後、サブディレクトリの独立したwordpressブログを作成したけれども、そのサブフォルダーだけリダイレクトできていないという問題が起きます。

これをきっちりしておかないと、googleの検索エンジンのロボットはhttpとhttpsの2つのサイトがあると勘違いして、ペナルティを課する可能性が出てきます。

ですので、リダイレクト処理は必須です。

独立型サブディレクトリブログのリダイレクト方法

Xserver
のファイルマネジャーにログイン。

リダイレクトしたいドメインの「public_html」フォルダーをクリック。

その後、サブディレクトリ名をクリックして、サブフォルダー内に入ります。

「.htaccess」 ファイルを選択して、「編集」をクリック。

以下か、にたようなコードのある「.htaccess」ページが表示されます。

その一番上に、赤枠のコードを貼り付けて「保存する」をクリック。

以下の右下「view raw」をクリックすると、コードをコピペできます。

その後、

http://ドメイン名/サブディレクトリ名

をブラウザ上で表示させようとした時に、

https://ドメイン名/サブディレクトリ名

に自動変換されているはずです。

 

とても簡単ですので、サブディレクトリの独立ブログを作った際には、この処理をお忘れなく!