いざ個人のブログを立ち上げようとするとき、ドメイン名をどうするか迷いますよね?

「.com?.net?.jp?… 」
「ハイフン(-)や数字は使っていいの?」
「長いのがいいか、短いのがいいか?」
「日本語ドメインはいいのか?」
「肝心のブログ名の決め方は?」
といったように、悩みどころは満載です。

ここでは、どのようなドメイン名が望ましいのか、ユーザー視点、SEO観点、書き手(自分)観点を考慮した、ドメイン名の決め方について、長い説明はなしで簡潔に解説します。

スポンサーリンク




そもそもドメイン名とは?

ドメイン名とは、サイトやブログのありかを示す場所を指すもの。
いわゆる、住所のようなものです。

いろいろとレベルはあるのですが、ここではとりあえず個人がブログのドメイン名を取得するための基本的な2構造のみ説明します。

https://kaigaie.com
kaigaie セカンドレベル ドメイン
.com トップレベルドメイン

という構造になっていて、どちらのレベルともに選ぶことができます。

SEO的にトップレベルドメイン名は影響があるのか?.com?.net?.jp?

ドメイン名は大別すると2種類。

  • 分野別トップレベルドメイン(gTLD)
    .com .net .org など
  • 国別トップレベルドメイン(ccTLD)
    .jp .us .uk など

GoogleのSEO担当者によると、
分野別トップレベルドメインは、SEOにまったく関係なし。
国別トップレベルドメインは、その地域によって検索エンジンが認識するとのこと。

ですので、日本市場限定の場合を除いて.jpのドメインを取得する必要性はあまりないです。

欲しい名前が取れるなら.com
ないなら、.net

過去、いろいろなトップレベルのドメインが脚光を浴びてはしぼんで行きました。
ですが、この二つの人気は不動ですし、消えませんし、ユーザーも見慣れています。

たとえば.pwドメイン。
これはもともとパラオの国別ドメインだったのが、プロフェッショナル用にとして分野別トップレベルドメインに転向。ですが、インデックスにしくいなどどよくない評判を耳にします。

とにかく、.comか.netのどちらかにしておけば、間違いはありません。

ハイフン(-)や数字は使っていいの?

ここからはセカンドレベルドメインのお話です。

ハイフン(-)や数字についてですが、SEO的には影響はないけれど、使わない方が無難。

ハイフン入りの名前は、世界的には人気がなく、低く評価されています。ですので、いいサイト名を高値で売っているドメイン名の中に、ハイフン入りのものはないと言い切っていいほどです。

数字は、自動生成されるスパムサイトに数字を含むものが多いので、使わないのに越したことはありません。

スポンサーリンク




短いのがいいか、長いのがいいか?

できるだけ「短く覚えやすいドメイン名」にしたほうがいいです。

覚えやすいドメイン名、ごろのいいドメイン名、意味があるドメイン名は別ですが、それ以外はなるべく短いほうがURLを直打ちしてもらえたり、覚えてもらえたりしやすいからです。

日本語ドメインはいいのか?

個人のブログには日本語ドメインは使わないほうがいいです。

日本語ドメインとは、
http://日本語のドメイン.com

といったようにセカンドレベルドメインが日本語のドメインのことを言います。

検索エンジン的にはドメイン名がキーワードの役割をしてくれて上位にあがることもあるのです。

ですが、一度訪問してくれたユーザーが直接ドメイン名を入力するときにアドレスバー上でうまく認識されないことがあります。

また、最大の問題は日本語のほかに、Punycodeと呼ばれる英語名も裏で存在することと、海外では認識されないことです。

日本で人気のあるxserver上のドメイン名一覧では、日本語ドメイン名ではなく、この意味不明の英語の文字が並んでいるPunycodeで表示されていて見にくい状態です。

肝心のセカンドレベルドメイン名の決め方は?

肝心のセカンドレベルドメイン名の決め方のおすすめは、

  • 売ったり、宣伝したりしたい商品やサービスや個人名を使う
  • ブログ名をそのままドメイン名にする
  • ブログのジャンルを入れる
  • 認識されたいキーワードを入れる

のいずれかをおすすめします。

まとめ

  • トップレベルドメインは.comを選ぶ。いいのがなければ.net
  • ハイフン(-)、数字、日本語ドメインは避ける
  • 短いく覚えやすいドメイン名にする
  • 肝心のブログ名の付け方おすすめ
    • 商品やサービスや個人名
    • ブログ名そのまま
    • ブログのジャンル
    • 認識されたいキーワード