ウェブサイトやwordpress(ワードプレス)などのブログのSSL化(https化)後、サーチコンソールでの再登録は当然のようにされているかと思います。

ですが、それだけでは不十分。https、http、wwwあり、wwwなしの4URLをきちんと統一することが重要なので、その方法を解説します。

これをしないと、同じサイトなのにgoogleから重複コンテンツのペナルティが課せられ、順位が落ちることもありえるので要注意です。

スポンサーリンク




ここでは、
サイトのSSL化後に「https://ドメイン名」に統一、
という仮定の例で説明していきます。

また、googleサーチコンソール上で、

  • 下記4つのURLを登録済み
    • https://ドメイン名
    • http://ドメイン名
    • https://www.ドメイン名
    • http://www.ドメイン名
  • 上記4URLのxmlサイトマップも確認済み

ウェブサーバー上で、

  • 「https://ドメイン名」を指定
    (「https://www.ドメイン名」をブラウザに入力すると、自動で「https://ドメイン名」にリダイレクト)
  • .htaccess上で、httpから「https://ドメイン名」にリダイレクト
    (「http://ドメイン名」をブラウザに入力すると、自動で「https://ドメイン名」にリダイレクト)

しているという前提で解説します。

http、https、wwwあり、wwwなしの4URLの統一

「https://ドメイン名」に統一することとして進めます。

サーチコンソールにログインして、まず一番上のURLをクリックします。

設定マークをクリック。

メニュが出てくるので「サイトの設定」を選択します。

「サイトの設定」画面で
wwwなしの「https://ドメイン名」で統一したい場合、
「URLを『ドメイン名』と表示」を選択します。

登録した全ての4サイト上に同様の設定をします。
初めからそのように設定されているURLもあるので、それはそのままにしておきます。

これで4つのURLが統一されて、googleからコンテンツの重複を疑われることがなくなります。

まとめと注意!

サーバー上で、wwwあり、wwwなしかを指定していて、wwwなしなのであれば、サーチコンソールで指定するのは、

  • https://ドメイン名
  • http://ドメイン名

の2URLだけでいい、という見解もあります。

ですが、万全を期して、wwwあり、wwwなしもサーチコンソール上で統一しておけば、同じサイト同士のコンテンツ重複によるペナルティはまず受けることはなく、それによる順位下落はありえないはずです。

わずか数分で終了する作業なので、手間もかかりません。

ということで、4URLのサーチコンソール登録は重要です。