copyright

wordpressのブログで書いた記事をパクられないために、右クリック禁止やコピー防止の対策を施してくれるプラグインを入れることができます。

日本ではあまり知られていないようですが、海外のブロガーに人気があっておすすめなプラグインは、WP Content Copy Protection & No Right Clickです。wordpressの新バージョンに対応する希少なプラグインです。

スポンサーリンク




wordpressのブログは無料ブログよりGoogleのインデックスが遅い

wordpressのブログは、無料ブログに比べて、Googleの検索エンジンにインデックスされるのが遅いのです。

ということはもしも誰かに自分の記事をパクられて、そのバクリ記事のほうがGoogleに先にインデックスされてしまったら、どうなるのでしょうか?

自分のオリジナルの記事Googleからペナルティを受ける事になります。

時間をかけて苦労して書いた記事が他人に一瞬で盗まれて、盗んだ記事で利益を上げるのに、自分のブログはペナルティを食らうなんて涙です。

ですので記事をコピーされないためにプラグインを入れて、記事を守るという対策もあります。

プラグインのおすすめはWP Content Copy Protection & No Right Click

日本では、

  • WP-Copyright-Protection
  • WP-CopyProtect

しかし、どちらも数年以上更新がなく、wordpressの新バージョンに対応していないのです。

ですので、最新バージョンに対応して海外で人気があるWP Content Copy Protection & No Right Clickがおすすめです。

スポンサーリンク




WP Content Copy Protection & No Right Clickの機能

  1. 画像の保存防止
  2. 右クリック防止
  3. CTRL+A, CTRL+C, CTRL+X,CTRL+S or CTRL+Vキーの使用防止
  4. 選択防止

ただし、スクリーンショットは取れてしまいます。

コピペ防止のプラグインを入れる難点

コピペ防止のプラグインを入れる上で、難点もあります。

誰にでも経験はあるかと思いますが、わからない単語をコピーして調べたり、長い映画のタイトルなどをコピーしたいときなど、パクリではないユーザーがコピーしたい時にできないので使いにくいサイトだと思われることです。

そうなると以後訪問してくれなかったりといったこともありえますので、読者さんを失う可能性もあることを考慮してください。

まとめ

純粋な読者さんの利便性か、記事泥棒対策かで悩むところですね。

私の場合は、自分が苦労して集めた情報なのにパクリが簡単に行われそうなサイトだけこのコピーと右クリック禁止のプラグインを入れています。