ファビコンは、独自のものを用意するといいです。

ユーザーにとっては便利な目印で、その重要性は侮れません。

ブロガーにとってはブランドの簡易ロゴマークのようなものですね。

ところでファビコンとは何でしょう?

スポンサーリンク




ファビコンとは?

ファビコンとは(favicon)、アドレスバーのURLの右にある画像です。

例えば、これです。

アップルはリンゴ画像。

グーグルはGの虹色画像。

特に何も画像を用意していないサイトは、普通の🔵になる。

その他、ブックマーク(お気に入り)の左に表示される画像もファビコンです。

なぜユーザーにとってファビコンは重要性があるのか

ユーザーにとってファビコンがあると非常に便利です。

なぜなら、よく訪問するサイトはブックマークに登録していて、そのサイトを探し出すのが簡単だからです。

たくさんあるブックマークから自分の開きたいサイトを探すのは時間がかかりませんか?

そんな時にファビコンがあるとサクッと探し易いのです。

なぜブログ管理者にとってファビコンは独自のものが必要なのか?

ブログ管理者にとって、独自のファビコンがあるということはロゴマークのようなものです。

これは、ブランディングの一環のようなもので、そのブログのアイデンティティというか目印になるものです。

スポンサーリンク




まとめ

ユーザーの利便性を考えても、ブログ管理者のブランディングを考えても、ファビコンを用意することは重要ですね。